naoco blog tender life

ナオコ ブログ テンダーライフ ★
naoco

大学在学中に大阪FM802のオーディションに合格し2001年10月から2004年3月までの2年半ラジオDJやレポーター、イベントMCなどで経験を積む。その後さらなるスキルアップと見聞を広める為にカナダに1年間留学。現地ではライブにも積極的に足を運び、音楽の知識と経験も深める。何にでも全力投球する前向きな性格で、透明感のあるボイスを持つ彼女の豊かな表現力は各方面で支持を受けている。

KIRIN BEER“Good Luck”LIVE

Posted by naoco at June 27th, 2011


KIRIN BEER“Good Luck”LIVE
今週は真心ブラザーズさんをお迎えしました。
学生時代から聞いていた真心ブラザーズ!ど真ん中です。
これまで、日常を感じさせる曲や、メッセージ性の強い曲、LOVEな曲など、本当にたくさんの曲を私たちは受け取ってきました。そのどれもがお2人にしか書けない、歌えない音楽。曲のタイトルも個性的なものが多いですよね。
私は、学生時代に聞いた「EVERYBODY SINGIN’ LOVE SONG」をきっかけに、真心の歌を追いかけ、昔の曲をさかのぼり聞いてきました。グルーブでロックでメロディアスで、掴みどころの無い感じと、それでも、「あ、真心!」とすぐに分かる、あの感じ。モヤモヤした苛立ちをかき消したり、すごーく優しいきもちになれたり、YO-KINGさんの歌声は叫びと繊細さが交じっています。そして、その隣には桜井さんの感性もしっかり光っている。今日のライブは、正真正銘お2人での弾き語りだったので、このライブをラジオで聴けた方は最高だったはず。

さて、これまで数々のライブをしてきたお2人ですが、ライブで大切にしていることを伺ってみました。
YO-KINGさん「ライブに負けないこと。ライブに勝つっていうのはニュアンスとしてはちょっと違うんだよね。例えば、ライブのために日常があるんじゃなくて、普段の暮らしの中にライブがあるっていう感じ。日常のままライブに入っていく感じでいたいと思っています。」
桜井さん「まずは、夜更かししない(笑)ライブは一番好きなことです。音楽以外のお仕事されている人と話す機会も多いんですけど、みんな羨ましがるんです、ライブを。直接ダイレクトに反応がそこにはあるじゃないですか。だからライブが好きなんだと思います。」
そして、デビューから22年間大切にしてきたことは、
YO-KINGさん「正しい方じゃなくて、楽しい方を選ぶこと。」
桜井さん「メンバーのことを面白いと思うこと。」
お2人らしい、コメントでした。

さて、真心ブラザーズ、今後は 弾き語りツアー「真心道中歌栗毛」をスタートします。全30公演、私も今からとても楽しみです。

真心ブラザーズさん、ありがとうございました!

***********************************

そして、私事ですが、昨年4月からスタートしたKIRIN BEER“Good Luck”LIVE。1年3ヶ月、土曜日の午後を共に過ごしてきました。素晴らしいゲストとライブとキリンビール。毎週スタジオに行くことがとっても楽しみでした。本当にたくさんのスタッフさんに支えて頂いたこと、心から感謝しています。そしてこれまで聴いて下さったリスナーさんも、ありがとうございました!来月からのKIRIN BEER“Good Luck”LIVEは、雨宮朋絵さんをMCに迎え、番組内容もリニューアルしてお届けします。みなさん、引き続き 毎週土曜日16:00からはKIRIN BEER“Good Luck”LIVEをお聴き下さい!

これまで本当に本当にありがとうございました!