naoco blog tender life

ナオコ ブログ テンダーライフ ★
naoco

大学在学中に大阪FM802のオーディションに合格し2001年10月から2004年3月までの2年半ラジオDJやレポーター、イベントMCなどで経験を積む。その後さらなるスキルアップと見聞を広める為にカナダに1年間留学。現地ではライブにも積極的に足を運び、音楽の知識と経験も深める。何にでも全力投球する前向きな性格で、透明感のあるボイスを持つ彼女の豊かな表現力は各方面で支持を受けている。

ロンドンへの思いを馳せながら、ベビーカーなお話

Posted by naoco at April 5th, 2013

旦那くんの海外出張。ミラノとロンドン行きが決定してからというもの、私と彼女が渡航するか否かで散々悩みました。毎朝、毎昼、毎晩考えまくりましたが、結局断念。生後7ヶ月のフライト。しかも海外。やっぱりハードル高いです。。。しかし!!私の周りにはたくましい母親が多く、赤ちゃん連れ海外を成し遂げている先駆者がたくさんいるのです。すごいなぁ。今更ながらやっぱり行きたいとか思ってしまう私は優柔不断MAXですよね。でも、絶対行くって決めてます。子連れ海外旅行!!お金貯めよーっと。

正に今友人がロンドンに住んでいて、子連れロンドンは楽しいと聞いていたのです。子供にも優しい国なんだって。ステキだな。日本にいると肩身の狭い思いをすることってたくさんあると思うから。

ついこの間TVを見ていたら、電車内のベビーカーは迷惑だ。っていうトピックが取り上げられていたんだけど、みんなどう思う?車内が混み合ってるときにベビーカーが乗ってきたり、ベビーカーの集団が車内を占領していたり、お母さん達のお喋りがうるさかったり、子供がうるさくても注意しない親がいたり、と正直私もいい気持ちがしない場面に遭遇したことはあるわけで。でもベビーカーが電車やバスに乗るなっていう方も極論であって、お互いのマナーの問題だと思うんだよね。みんながみんな車を持ってるわけじゃないし、移動手段として公共の乗り物に乗ることは必要なことだし。中には混まない時間に乗るようにしたり、電車では静かにねって諭しているお母さんもいるし。

その点私はこれまでとても恵まれていて、けっこう周りの人に助けてもらっています。階段で一緒にベビーカーを持ってくれた青年とか、電車に乗った時もすっと場所を譲ってくれた女性とか、信号待ちしてた時に話しかけてくれたおばあちゃんとか。「じーん。みんななんて優しいんだろう。ありがとうございます。ホントありがとうございます!!」という気持ちになるんです。
だから声かけって大切だなと思った!これは周りの迷惑になりそうだな、という時はちゃんと「すみません。」という気持ちを相手に伝える。親切にしてもらったら笑顔で「ありがとうございます。」と言う。すごくシンプルだけど、絶対必要!それから、赤ちゃん連れてるからこっちは大変なんです。赤ちゃんは泣くものだから仕方ないんです!という開き直りも良くないよね。それに周りも神経質にならないで大らかな気持ちでいられたいいなと。同じ社会に生きているんだから、うまく共存していけたらいいのになぁ。
ベビーカー押してるお母さん達が背中を円くしてすみません、、、な世の中じゃなく、背筋がピンとなって凛としてる姿でいて欲しいもん。(偉そうにしてるって意味じゃなくね。)

さー、明日は晴れだってー!
ロンドンに住んでる友人にお土産でも買いに行こーっと!