naoco blog tender life

ナオコ ブログ テンダーライフ ★
naoco

大学在学中に大阪FM802のオーディションに合格し2001年10月から2004年3月までの2年半ラジオDJやレポーター、イベントMCなどで経験を積む。その後さらなるスキルアップと見聞を広める為にカナダに1年間留学。現地ではライブにも積極的に足を運び、音楽の知識と経験も深める。何にでも全力投球する前向きな性格で、透明感のあるボイスを持つ彼女の豊かな表現力は各方面で支持を受けている。

Big Girl

Posted by naoco at April 15th, 2015


彼女のオムツが取れました!!!

みなさん普通にお手洗いへ用を足していると思いますが、トイレトレーニングあっての今ですよ!
これ、親は予想以上の忍耐力を養われます。

叱っちゃいけないとわかっていても、ついつい怒ってしまう自分にがっくし。
叱っちゃダメ、と思いながら行き着いたのが竹中直人さんの笑いながら怒る人←側から見たら怖い。

おトイレにアナ雪の切り絵を貼ってみたり、ウサギのパンツがダメならプリンセス柄のパンツでどうだ!と買ってみたり、トイトレの絵本を読んであげたり、まぁやれることは全てやりました。

ここ最近彼女のブームになっている「お姫様」というキーワードを拝借し、「もうお姉さんだもんね。お姫様だもんね。お姫様はオムツしてないんだよ。」と毎日毎日毎日言い続け、彼女も少しずつコツを掴み、オムツが外れた次第です。

外出先でもちゃんとトイレが出来るので本当に嬉しいです(涙)
晴れてお姫様になれました。

でも、大好きなアイスクリームはあげないよん。

羊毛とおはな

Posted by naoco at April 10th, 2015

羊毛とおはなのボーカル千葉はなさんが亡くなりました。
はなさんの歌声は綿毛のように軽やかであたたかく、私は何度もその優しさと穏やかさに全身を委ねてきました。
今回の訃報は本当に本当に驚きで信じられず、ただただ悲しいです。
はなさんとは同じ年齢ということもあって、デビューした時からとても親しみを持って応援してきました。ライブで、はなさんが目を閉じながら1つ1つの言葉と音符に心を込めて歌っていたのを思い出しています。はなさんの残した大切な音楽を、これからは子供達にも聴かせてあげようと思います。
たくさんの感謝を込めて。ありがとう。

リアル馬

Posted by naoco at March 7th, 2015


馬事公苑へ行ってきました。馬術部の学生さんがたくさんいて、めちゃくちゃかっこよかった!!すっと伸びた背筋に凛とした佇まい。自分の子供が馬に乗って颯爽と駆け抜けていたら惚れちゃうなぁ。ちなみに私は牧場でポニーしか乗ったことありませんw
初めて馬事公苑へ行ったけれど、広いですね〜!ここでのんびりお散歩でもしようと思ったら、予想外の展開。最初は入り口で「お馬さん、ひひーん!」とご機嫌だった彼女が至近距離の馬に怯えまくり、早々に退散しました。。。家にある絵本は全て可愛らしいイラストの馬。リアル馬は可愛いというよりも威圧感があったのでしょう。。「ほら、お馬さんの目を見てごらん!優しい目してるでしょ??」と言っても全く通じず。
1歳過ぎに動物園に行った時は、ヤギに餌をやり、牛を凝視し、アヒル群衆を追いかけまわしていた姿が逞しかったのになぁ。2歳半ともなると色々な判別ができるようになっているからでしょうか。それにしても馬がアウトって!!この調子だとリアル猿もリアル象もアウトになるのでしょうか。あったかくなったら動物園行こ。免疫免疫。あとは図鑑かな。

ベジブロス

Posted by naoco at March 6th, 2015


最近私がはまっている「ベジブロス」

何気なくテレビをつけていたら「ベジブロス」について特集していました。そのプレゼンにあれよあれよと引き込まれた私は速実行!だってとっても簡単なのに栄養満点(^ ^)いつもは捨ててしまっていた野菜の皮やヘタ。それがこんなにも体にいいものだったなんて〜。

ご存知の方も多いとは思いますが、用意するのは、いっぱいの野菜くずとお酒とお水。私は人参の皮とヘタ、菜花の茎の部分、キャベツの硬いところ、玉ねぎの皮と根っこ、りんごの芯と皮、大根の皮、かぼちゃの皮とワタと種が集まりました。「材料を用意する」のではなく、「お料理するときに出た野菜くずが集まった」というのがベジブロスのいいところ。野菜って捨てるところがなかったんだなぁとつくづく感じます。
集まった野菜くず、お水とお酒少々を弱火にかけて20分から30分じっくり煮て、ザルでこして出来上がり。

このお出汁には「ファイトケミカル」という抗酸化作用と免疫力向上させる効果があるそうです。老化防止、抗がん作用も期待できるとか。私はこのお出汁を使って肉じゃがと野菜スープを作りました。

今も冷蔵庫の野菜室にはジップロックの中に溜まった野菜くずが入ってます。どんどん溜まっていく野菜くず達が頼もしくもあります。冷凍もできるので興味のあるかたは是非〜!
 

思いは通じる?

Posted by naoco at March 5th, 2015


離乳食が始まって早2ヶ月。お鍋にお野菜をコトコト煮て、潰して、冷凍して、の繰り返しは単純作業がゆえに正直大変です。彼女の時は全てが新鮮で気合も十分。有機野菜にこだわり、おかゆも冷凍することなくその都度炊いていました。いやー、あの情熱たるや何処へ。。それも彼女が毎回出されたものを美味しそうにニコニコ食べてくれていたから。その笑顔を見たくて頑張ってたんだと思います。
しかし、問題は彼です。ママ友に聞いていたのは、「男の子は離乳食に苦労すると思うよー。特に野菜は食べてくれないよ。」ということ。その予言は的中し、何をあげても「ブー!!!!」と吹き出す始末。しまいには「うけけけ」と笑い完全に私を挑発。それを真似て彼女まで「うひょひょひょ」と笑い、食卓は超憂鬱でした。そのやりとりがかれこれ2週間くらい続いたでしょうか。そしてある日の夕食、もっとくれとスプーンをガシッと掴み、モグモグ食べている彼の姿が(涙)今までなんだったんでしょーか。遊んでたのでしょーか。それとも毎晩お風呂に入る時、「あのね、ブーってするのやめてほしいんだけど。ママさ、せっかく作ってるんだからさ、とっても悲しいよ。あとブーってした後笑うのもやめてほしいです。」とけっこう真剣に言い続けたのが通じたのでしょうか。
ともかく離乳食問題は解決し、やる気のなかった私も最近では持ち直してせっせと離乳食作りに励んでおります。
そこで今はまっているのが、ベジブロス!明日はベジブロスについて紹介しまーす。

思いのままに

Posted by naoco at February 26th, 2015


思いのままに直感で描くこと。大人になるとなかなか出来ないかもしれないなぁと彼女を見てると感じます。
左は車、真ん中はバナナとクマ(りんごかと思ったけどクマだそうです。)右はアンパンマンの集団。どれも迷うことなくクレヨンや筆を走らせ、小さな体で大きな画用紙に集中してました。

最近ではだいぶ久しぶりに塗り絵をしたのですが、色鉛筆の色を選ぶのもどれにしようかなーと選んでる間に、彼女はちゃきちゃき選んでちゃちゃっと塗ってる様が潔くって何ともかっこいいわけです。

けっこう直感型で生きてきたはずの私も、ここ何年かは慎重型。あの妙な自信のあったあの時の直感!あれは自信だったのか?無知なだけだったのか。でも知らないってある意味最強かもなぁ。

まずは色鉛筆の選び方から始めてみよう。

Time really does fly

Posted by naoco at February 24th, 2015


彼の誕生から7ヶ月経過しまもなく8ヶ月に入るところ。
家族のボリュームが増量して、“ママ”という肩書きより“母ちゃん”という愛称がしっくりくるような。。。彼女もちょいちょい姉御肌を匂わせるようになってきましたが、オムツが取れたら説得力あるんだけどねぇ。

というわけで、お久しぶりです!!

生活のリズムも整ってきて、夜も長く寝てくれるようになった年明け。そこからぐーんと楽になってきました。これで寒さも和らいで春になってくれると気持ちにももう少し余裕がでてくるのになぁと思います。

これから頻繁に更新できるように努めます!これ今年の目標!

ぎゃおす!

Posted by naoco at July 23rd, 2014


どんよりな入院生活を終え、自宅安静を強いられた6月。目標だった37週を指折り数えて、ついに37週まで辿り着いた時、イエス!!!と小躍りした私です。その気持ちが伝わったのか、37週2日で誕生してくれた彼。

陣痛から30分で生まれました!

自宅で生まれちゃいました。病院向かう車の中で生まれちゃいました、というパターンもあり得たかもしれないと思うとホラーです。

出生届ギリギリにて名前も決定!
産後の体調も良好!

あとは気合いあるのみ!

つらつら

Posted by naoco at May 23rd, 2014

入院1ヶ月も経つと、古株になってしまっている私。新しく同室になる人が来れば、「おっ新入りか。」と心の中で思っている時点で私は局です。
そして私よりも後から入院した人が続々退院して行くなんとも言えないセンチメンタル感情。とはいえ、私のように切迫早産の人、食中毒にかかってしまった人、急遽帝王切開で出産した人、妊娠糖尿病と妊娠高血圧症の併発。本当に様々だから、みんな辛い思いしながら入院生活をおくっていたはず。だから退院おめでとう、って心から言えます。

んでさ、私の退院いつになるのかいなーーーーーーーーーーーー。回診の時に「私大丈夫ですっ」アピールしてるけど、先生はいたって冷静。ですよねぇ、まだですよねぇ。

焼肉食べたい。

窓から見えるのは

Posted by naoco at May 13th, 2014

更新が滞っておりました。

最後の更新からまずは大きな出来事が1つ。2人目を授かりました!
例のごとく悪阻でヘロヘロになり、それと平行して彼女もどんどん成長していき、昨年の年末から今年の始めにかけては1日に持てるパワーをすっからかんに使い切るような生活を送っていました。

そして今やっと8ヶ月。とても順調です。と言いたい所ですが、わたくし只今入院しております。。早いもので3週間経ちました。そしてまた続くであろう入院生活。3週間前に人生初の救急車で運ばれ、妊娠28週で切迫早産のために絶対安静になってしまいました。

彼女の時は悪阻はひどかったものの、安定期後はめちゃんこ元気で、生まれる直前まで仕事も遊びも運動も楽しんでいました。なので、きっと自分にも変な自信があったんでしょうね。俄然動ける妊婦だと。
もともと張りやすい体質ではあったんですが、あまり気にしてませんでした。我慢できてたし、少し休めばまた張りも治まっていたし。しかしお医者様からは「たぶんかなり我慢してたんじゃないですか?気づきませんでしたか?」といろいろ質問されましたが、「え?はい。いや、そんなつもりなかったんですけど。」と事の重大さを全く感じ取っていなかった私です。

子宮頸管というのは、赤ちゃんが出産の際出てくる通り道のことなんですが、その長さが4cmなくてはいけないところ、私は既に1.6cmになっていたようで。。。0cmで子宮口が開くといわれているのでこれはかなりまずい状況となってました。
今は安静にしていて、その長さを保っている状態です。予定日までは2ヶ月もあるんですけど、できればあと1ヶ月持って欲しい。毎日願ってます。

元気に妊婦生活を送って、ギリギリまで仕事をして、というのが当たり前のことではないということが今回身に染みました。

大部屋の窓際のベットから見える景色はとても綺麗です。東京タワーのライトアップが付く瞬間に出会えると、「ラッキー♡」と1人喜んでおります。昨日は富士山が見えましたよ。そしてぼんやり外を眺めては、「みんな元気かなぁ?」と思い出しています。臨月に入る前に、会いたかった人もたくさんいたのに、、叶わなそう。せめて、窓際で想っていますよ、あなたのこと。